会社設立をする際の心構えについて

会社設立をするということは、その会社の代表者になることです。代表者になることには多くのメリットがありますが、設立する前に心構えをしっかりと持っておくとトラブルなどが発生した際や、理想と異なっている場合でも上手く対処していくことができます。会社は当然ではありますが利益を上げていかなければなりません。利益がないと赤字になるので、会社の存続が危ぶまれることもあります。

そのため、プレッシャーと戦って生活することも経営者であれば珍しくはありません。プレッシャーを感じてもそれに負けない精神力や周りの支えが必要になります。また、事業に対して情熱があるかどうかは大切です。情熱があることによって困難に直面しても乗り越えられることもあります。

その他の心構えとして、生活資金を確保しておくことです。当然ではありますが、起業をするのであれば多くの資金があることによって有利に事業を進められます。資金があればあるほど余裕を持って事業を進めていくことができるので、家族からの理解を得ることができることもあります。

このように起業をするためには多くの心構えが必要になるのです。しっかりと覚悟を持って、また自分が情熱を注ぐことができる事業を始められてみてはいかがでしょうか。

会社設立の利点

会社設立には費用がかかるため、なかなか前向きになることができない方もいます。確かに設立には費用がかかるので会社設立のデメリットとも言えますが、それ以上に会社設立には利点があるので、その点を紹介します。

まず、比較的取引先からの信頼を得やすい点が挙げられます。個人事業主と比較しても信用が高いと考えるのが一般的です。会社の中には個人事業主と取引をしない企業なども未だに存在しています。また、融資の際に重要となる金融機関においても、法人の方が前向きになります。そのため、法人化することで信頼を得ることができ、効率的に事業を運営していくことができるのです。

次に、採用しやすい点が挙げられます。企業も人材を選択しますが、面接に受けようと考えている方も企業を選ぶことになります。個人で事業を営まれている方よりも企業として事業を運営しているところの方が採用の幅が広がることもあります。

その他の利点として挙げられるが、相続税がかからない点です。個人で事業をされている方の場合、その経営者が亡くなると全ての財産を家族が相続することになります。相続をする際には相続税が発生しますが、法人の場合は会社の財産になるので、相続税がかかることはありません。

会社設立にかかる費用

会社設立を検討されている会社員の方や個人事業主の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。その中には会社設立にかかる費用について把握していない方もいます。また、どのぐらいかかるのかが不安で、なかなか起業に踏み出すことができない方もいるのです。会社設立にかかる費用に関しては設立登記にかかる費用、資本金、その他にかかる費用の三つに分類することができます。

一つ目の設立登記にかかる費用というのは、印紙代や手数料などです。定款に貼る印紙代は約4万円ですが、電子定款の場合は無料になります。手数料においては認証手数料、謄本手数料があります。前者は約5万円、後者は約2千円になります。その他にも設立登記にかかる費用には登録免許税があります。登録免許税は資本金×0.7パーセントの費用が必要になります。

二つ目は資本金にかかる費用です。株式会社であれば資本金を準備して設立をするのが一般的になります。資本金の平均は約300万円であると言われています。資本金の金額はどのように決めれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。中には初期費用プラス3ヶ月分の運転資金を資本金として準備して企業する方もいますが、取引先や仕入先の会社規模や消費税免税期間の考慮、創業資金の考慮して、資本金を決めるのが一般的と言えるでしょう。

三つ目のその他にかかる費用というのは、パソコンなどの事業に必要な備品になります。このように会社を設立するためには費用がかかりますが、今回は会社設立をすることで得られる利点などを紹介します。

外部リンク《アディーレ会計事務所》
無料で会社設立の相談が可能な会計事務所のサイトです。